胸ガオドルホビーブログ

アナタが知ってたり、知らなかったりする、ちょっとテンションがあがるかもしれないホビーを紹介します。

  1. TOP
  2. BOOKS
  3. ボトルネック
新潮社 小説:米澤穂信
BOTTLENECK

ボトルネック

|
ボトルネック 米澤穂信 アイキャッチ画像

本日は、気まぐれに手にした文庫本【ボトルネック】を紹介します。

著者の【米澤穂信】(よねざわ ほのぶ)さんは、映画化もされた【インシテミル】も執筆されています。

// 裏表紙 内容紹介 //

亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、

何かに誘われるように断崖から墜落した……はずだった。

ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。

 

不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。

もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。

 

世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。

そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。

 

// おススメ度:★★★☆☆ 3.9 //

主人公は、高校一年生の男子です。

現実にはあり得ない【パラレルワールド】のお話なんですが、

石川県金沢市や福井県の東尋坊を舞台とする、リアルな世界観でもあります。

 

物語は、主人公と一つ年上の女子高生の二人を軸に展開していきますが、

高校生にしては、やや大人びているというか、

なんか小説っぽいキャラクターだなと感じる言い回しが気になって、、

 

// ヒューマニスト、モラリスト… //

オプティミスト、ニヒリスト、ペシミスト、虚無主義…

こういった言葉がセリフとして発せられるので、

なんだか【小説っぽい】【作り話っぽいキャラクター】な感じがしました。

 

ですが、いろいろ新しい言葉などに敏感で、覚えたての言葉を使いたがるような、

逆に高校生っぽい!?のかもしれませんが…

 

// でも先が気になる //

とはいえ、ついつい読み進めてしまう吸引力はあります!

主役の男女ふたりの個性も際立っていますし、魅力も存分に感じられます。

 

『パラレルワールドの結末は?』

『亡くなった恋人の死の真相は?』

 

気になった方は…

コチラでどうぞ!

■【駿河屋】さんに、現執筆時点(2017.11.01)で在庫がありました。

中古文庫<<国内ミステリー>> ボトルネック / 米澤穂信

⇒本日(2017.11.01 16:00)の価格は…150円 (税込)!

 

★通勤・通学中で時間を持て余しの方!そこそこおススメです!