胸ガオドルホビーブログ

アナタが知ってたり、知らなかったりする、ちょっとテンションがあがるかもしれないホビーを紹介します。

  1. TOP
  2. BOOKS
  3. いまなんつった?
文藝春秋 エッセイ:宮藤官九郎
KUDOKAN

いまなんつった?

いまなんつった? 宮藤官九郎 表紙

カイジじゃないですよ。

本日は【いまなんつった?】を紹介します。

■発行年月日: 2013/05/10

■ISBN-10: 4167811022

■ISBN-13: 9784167811020

■文庫判 389ページ

 

// 裏表紙 内容紹介 //

セリフを書きセリフを覚えセリフを喋って20年。

人生の半分をセリフと格闘してきた宮藤官九郎が、思わず「いまなんつった?」

と振り向いてしまうようなセリフをエッセイに。

 

TV・舞台・映画・音楽・家庭で耳にした名&迷セリフばかり111個!

巻末には、劇作家・俳優の岩松了が書きおろした 岩松了の「いまなんつった?」を収録。

 

// おススメ度:★★☆ 4.5 //

・【週刊文春】に連載されていたエッセイ(コラム?)を一冊にまとめたものです。

・ひとつのエッセイは2,3ページで読み終わるので、

 

読書が苦手な方でも 疲れません!

 

・通勤通学中、大きいほうのトイレ中、待ち合わせ中などに最適ですね。

・ただ、全部が全部おもしろい!というわけではありませんが、

・読まれる方それぞれの【ツボ】に、きっとハマるエピソードが何かしらあると思います!

 

たとえば…

 

// 以下引用 //

カメラ割りといえば撮影現場でのみ用いられる言葉が多々あります。

例えば「なめる」。

手前に車を感じつつ奥の女性を撮る時「車なめの女」と言います。

なんとなく心がザワザワします。

 

今回の『うぬぼれ刑事』では坂東三津五郎さんと矢作兼さんの役名がそれぞれ栗橋と穴井なんです。

なんかヤだな~、ヤな予感するな~、ヘンな感じになりそうだな~

と思ったら案の定こんなフレーズが……。

 

「栗なめの穴」

 

こう見えて普段は下ネタ苦手なんです僕。しかももうすぐ40才。

こんな低レベルな下ネタにいちいち反応したくないんです。それこそ時間の無駄。

タバコ吸う時間も惜しんで撮影してるんだから。

 

「監督、こっちは栗なめの穴ですか?」

どっちでもいいよ。

 

「それとも穴なめの栗ですか?」

知らないよ。いい大人が夜中の1時過ぎになに言ってんだよ。

 

「栗穴2ショットから穴にズームして下さい」

明日も6時集合だよ。

 

私、電車の中で読んでなくてよかったです…

 

・【下ネタ】に特化したエッセイ集ではありませんので、安心して下さい。

・3,4才の娘さんのカワイイ発言もあったり、

・俳優仲間さんのおとぼけな発言もあったり、

・【脚本家】というお仕事内容を垣間見れたりと、

 

一冊にギュッといろんなテイストがつまっているので飽きることなく、

また、ちょっとずつ読み進められるお手軽感もいいですよ。よろしければお手元に!

コチラでどうぞ!

■【駿河屋】さんに、現執筆時点(2018.02.20)で在庫がありました。

中古文庫<<日本文学>> いまなんつった? / 宮藤官九郎

⇒本日(2018.02.20 16:30)の価格は…150円 (税込)!