胸ガオドルホビーブログ

アナタが知ってたり、知らなかったりする、ちょっとテンションがあがるかもしれないホビーを紹介します。

  1. TOP
  2. BOOKS
  3. さえずる舌
光文社 小説:明野照葉
twitter

さえずる舌

|
さえずる舌 明野照葉 アイキャッチ画像

年末にホラー小説でより寒ーくなってみます?

本日は【さえずる舌】を紹介します。

■発行年月日: 2009/3/12

■ISBN-10: 4334745601

■ISBN-13: 9784334745608

■文庫判 363ページ

 

// 裏表紙 内容紹介 //

産業カウンセラーとして、ヒーリングスタジオなども運営する友部真幌(ともべまほろ)。

スタッフに新たに加えた島岡芽衣(しまおかめい)は、知性、美貌すべてにおいて抽(ぬき)んでた存在だった。

 

芽衣の力で売り上げも伸び、順調に見えた職場であったが、次第にスタッフ間に歪みが生まれる。

歪みの真相を探る真幌は、予想すらできなかった恐るべき存在を知る!

 

人が持つ「病い」を鋭く抉(えぐ)る、書下ろし傑作!

 

// おススメ度:★★☆☆ 3.5 //

・心霊やオカルト、呪いなどといったホラーではありません。

・場面転換サクサク、お話しの展開もトントントン…と言った具合ではなく、

・人の【心理描写】が主体の文章を、じっくり読み進める感じです。

・フィクションとはいえ、その心理描写は誰かの心をのぞき見しているかのようにリアル。

・ルビが必要な難しい漢字、同じ文言、表現の繰り返しが読んでて気にはなりましたが、

・物語の結末はきっちりケリがついて、読後感は悪くありません。

 

// 帯広告ないほうがいいのに… //

【怖い、怖い、怖い。】と先に言われちゃうと、案の定

【怖くない、怖くない、怖くない。】になりましたが、

 

・私個人の感想ですし、

・怖がりやさんによっては、ハマってしまうとかなりゾゾゾっとするかもしれません。

・怖く感じるか否かは、読者の【純粋無垢さ】によるところもあり、

・ある意味、ご自身の【善人レベル】の判定にもなったり…

 

// ストレス解消法 //

カウンセリングのお話しということで、【日々のストレスの解消法】のエピソードが具体的にさらっと書かれているのですが、

 

~ 以下引用 ~

「ふつうはショッピングに出かけたり、映画を見たり、小旅行に出かけたり……そんなことを考えますよね。でも、違うんです。どちらかと言うと、その反対で」

 

私もたまたま実践していて、共感できる部分があったので、フムフムと読ませていただきました。

ちょっと気になった方は…

コチラでどうぞ!

■【駿河屋】さんに、現執筆時点(2017.11.29)で在庫がありました。

中古文庫<<日本文学>> さえずる舌 / 明野照葉

⇒本日(2017.12.27 17:30)の価格は…100円 (税込)!

 

★就寝前の静かなひと時に、そこそこおススメです。